殺人者は毒親に育てられる

生まれたままの赤ちゃんは、殺人者に育つことはありません。

殺人者は毒親が育てます。もちろん毒親だけではないかもしれませんが、毒親に加担する環境があるはずです。

全ての殺人者に当てはまるとも言えませんが、人を殺める心は、どのように作り上げられるか、書いてみました。

誰でもいいから人を殺してみたいと思う

独親
Photo by Markus Spiske on Unsplash

面識のない人を殺してしまう人がいます。

心の中には、「誰かを殺したい」「誰でもいいから殺したい」という思いが溢れています。

小さい頃から親に勉強を強いられ、勉強をしないと怒られ、勉強以外のことを知らない時期が長く続いていることが多いようです。

勉強しろと言われることは、誰にでも経験があることでしょう。

人を殺したくなる人の心には、親の愛が全く注がれていません。

親の愛を求め続ける

独親
Photo by nappy from Pexels

親がいない人よりも、親がいるのに愛を貰えない人の方が不幸です。

親は無償の愛を与えてくれる存在のはずなのです。

その人たちから、愛をもらいたくて、愛が欲しくて暴れたり、悩んだり、叫んだりするのです。

でも、悲しいことに親たちは、ほんの少しの愛も与えることなく

社会的に認められる人になれという。

愛を欲しがっても手に入らないとネガティブな感情が生まれる

Photo by Porapak Apichodilok from Pexels

どんなに渇望しても手に入らない親の愛。

ずっとずっと、心の底から欲しいのに手に入らない「愛」。

この欠乏感は悲しいことにネガティブな感情をたくさん生み出します。

ネガティブな感情の中でも、特に重く心に溜まっていきやすい

悲しみ

怒り

恨み

に変わっていきます。

これらの感情が心に溜まりだすと、愛をくれなかった人に対しての怨恨または

全く関係ない人への殺意となるのです。

そして、愛をもらえなかった自分への復習として

殺人

を犯すのです。

自分への哀れみを殺人による快感とすり替える

自分が親からの愛を受け取ることができずに「悲しい」という気持ちを

悲しいという状態で消化するための助けがなく、タイミングを逃してしまうと、

悲しさの波動が重くなります。

悲しさが重くなり始めると、自分を憐れみはじめます。

毒親によっては、「可哀想にあんたは〇〇だから」と直接言葉で浴びせ続ける人もいます。

自分が可哀想と思い、信じ始めると、消化しきれない感情になります。

そこで、可哀想な自分にした犯人探しを始めます。

犯人は親だと確信する場合親への復讐心から、殺意を抱きます。

犯人は親だとは思わない場合、殺す相手は誰でも良いと思います。

殺人を考える前には動物を殺す

毒親

いくら心にネガティブな感情が溜まったとはいえ、最初から殺人を考える人はいません。

動物を虐待や殺し始める前には、子どもの場合、おねしょ、放火が始まることが多数確認されています。

大人の場合は、もっと複雑に色々な感情が絡まりますので、予兆も単純ではありません。

心が悲しさや、苦しさで詰まっていると感じたら、誰かに相談してみましょう。

親に相談できなければ、他の大人に話してみると、次の段階に進むことは無くなるでしょう。

悲しい心を無視したり、見ないふりをしたりしてはいけません。

悲しさや、苦しさは、捨ててしまいましょう。

心が重いと感じたら

毒親

胸が苦しくなるくらい悲しかったり、辛かったり、もやもやしたら、我慢しないで。

親は毒親かもしれないので、必ず他の大人に相談しましょう。

誰でもいいのです。

話を聞いてくれる人を探しましょう。

動物を殺しても、人を殺しても

心はスッキリしません。

もっと辛くなります。

探してみると、良い大人もいるはずです。

殺人者は毒親に育てられる” に対して1件のコメントがあります。

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です